湯西川温泉|楽天トラベルアワード
この度も湯西川温泉の桓武平氏ゆかりの宿揚羽~AGEHA~は【楽天トラベル ゴールドアワード(最高賞)2020】【楽天トラベル日本の宿アワード 2020】をダブル受賞いたしました。これもひとえに、たくさんのお客様からご愛顧いただいたおかげです。この場をお借りして、深く感謝申し上げます。今後もこの栄誉ある賞に恥じぬよう、また、お客様に心からご支持いただける“秘境の老舗旅館”となりますよう、邁進して参ります。【栃木県の旅館最高の栄誉】を頂戴し、身に余る光栄なことと感謝申し上げます。
湯西川温泉|楽天トラベルアワード
【楽天トラベル 日本の宿アワード 2020】TOP47とは、日本全国約33,000の登録宿泊施設の中から、顕著な実績をあげ、高い評価を得られた宿泊施設を表彰する制度です。楽天トラベルゴールドアワード(最高賞)、楽天トラベル シルバーアワード、楽天トラベル ブロンズアワードが贈られます。また、さらにその中で【全国47都道府県】で一施設ずつ選ばれるもので、湯西川温泉の桓武平氏ゆかりの宿揚羽~AGEHA~は【栃木県1位】に選ばれました。そして、今年最高賞のダブル受賞は栃木県唯一となります。
楽天トラベル、古民家が人気の宿ランキングを発表
(2021年9月27日リリース)
楽天トラベル、古民家が人気の宿ランキングを発表
楽天トラベル、古民家が人気の宿ランキングを発表

旅行予約サービス「楽天トラベル」は、2020年9月1日(火)~2021年8月31日(火)の国内旅行の宿泊人泊数(=宿泊人数×泊数)をもとに、「古民家が人気の宿ランキング」を発表しました。宿泊施設名または宿泊プランに「古民家」のキーワードが含まれる宿泊施設の中で、宿泊人泊数が多い順にランキングした結果、栃木県の当館「湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿 揚羽〜AGEHA〜」が1位を獲得しました。また、古民家全体の宿泊人泊数は、前年同期比+39.7%(約1.4倍)と伸長しました。

古民家が人気の宿ランキング TOP5
順位 都道府県名 宿泊施設名
1位 栃木県 湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿 揚羽〜AGEHA〜
2位 静岡県 南伊豆弓ヶ浜温泉 古民家の宿 山海
3位 静岡県 天城湯ヶ島温泉 白壁 和とモダンが織りなす里山の古民家
4位 京都府 伊根の舟屋 雅
5位 静岡県 阿多古屋

1位となった栃木県の当館「湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿 揚羽〜AGEHA〜」は、創業300年を超える老舗旅館です。2020年7月にリニューアルオープンした1日3組限定の古民家客室には、約150年前の武家屋敷で使用されていた囲炉裏や調度品を移築しているため風情を演出しながらも、空調などは最新設備を揃え、快適に歴史ある空間を過ごすことができます。対象期間中の宿泊人泊数の前年同期比は+57.2%(約1.6倍)と伸長しており、特に20代の夫婦・カップルは+94.3%(約1.9倍)と成長をけん引しました。

日光 湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿揚羽~AGEHA~
『絶対にはずせない旅』をお約束。

湯西川温泉|お部屋 快適な空間を追求
湯西川温泉|お風呂 硫黄の香り漂う泉質の本物の源泉
湯西川温泉|お料理 素晴らしい山の幸、川の幸
湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿揚羽~AGEHA~の公式サイトへようこそ。
湯西川温泉には、ほのかに硫黄の香り漂う泉質の本物の源泉(毎分319リットル)が湧いています。
全ての露天風呂が自然を満喫出来るよう工夫され、湯西川沿いの配置になっています。
お部屋は“古き良き”【日本の社寺・伝統建築】を大切にしつつ、快適な空間を追求致しました。
この湯西川温泉の地には四季折々の素晴らしい山の幸、川の幸があります。
季節感溢れる“名物囲炉裏料理”や「田舎料理~かまど料理」をご堪能くださいませ。
湯西川の地には様々な観光スポットもありますので、周辺観光のページもご確認くださいませ。
湯西川温泉の揚羽~AGEHA~は、湯西川温泉を愛する栃木県民が営む宿です。
“1718年”(享保3年)江戸初期、桓武平氏(穐屋貞正)初代が創業してからの源泉湯宿でございます。
目の前に広がる湯西川渓谷を眺めながらゆっくりと四季折々の風景をお楽しみ下さいませ。

湯西川温泉|女将ブログ
湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿揚羽~AGEHA~公式Instagram
湯西川温泉|揚羽~AGEHA~公式Instagram
湯西川温泉|揚羽~AGEHA~公式Instagram
湯西川温泉|揚羽~AGEHA~公式Instagram
湯西川温泉|揚羽~AGEHA~公式Instagram
湯西川温泉|揚羽~AGEHA~公式Instagram
湯西川温泉|揚羽~AGEHA~公式Instagram
湯西川温泉|揚羽~AGEHA~公式Instagram
湯西川温泉|揚羽~AGEHA~公式Instagram
 

新型コロナウイルスによる感染症への対策について
日頃より湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿 揚羽 ~ AGEHA ~ をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
当館ではお客様の健康と安全を第一に考え当館にお越しいただくお客様に安心してご利用いただけますよう感染予防に努めて参ります。
<当館の対応>
■ 玄関・ロビー・レストラン入口など、館内各所に消毒液をご用意しております。
入館時やお食事の前など適宜ご利用をお願いいたします。
■ ブッフェレストランにおいて、使い捨ての手袋をご用意いたします。
トングをご使用の際にご利用いただきますよう、お願いいたします。
また、一部お料理を大皿から小皿盛りへと変更しております。
※お料理の内容、食材が通常とは一部異なります
■ お客様とスタッフの接触を極力減らすため、お部屋へのご案内は控えさせていただきます。
■ 衛生面を考慮し、売店の試食を一時中止しております。
■ 大浴場の脱衣所におきまして、社会的距離の確保のため、椅子の数を減らして間隔をあけております。
■ 館内の喫煙所におきまして、「密」を避けるため、混雑時のご利用と間近での会話はご遠慮いただくようお願いしております。
■ お客様ならびにスタッフの健康と安全を考慮し、スタッフはマスク着用にて対応させていただきます。
■ フロントカウンターなどお客様とスタッフが対面する場所には、飛沫感染防止のためアクリル板を設置しております。
■ 客室、パブリックスペース、事務所等は定期的に換気を行っております。
■ 複数の方の手が触れる場所を中心に、施設内を定期的に消毒しております。
■ スタッフは出社時に検温を行い体調確認をしております。
<お客様へのお願い>
■ 入館時または館内におきまして、適宜手指消毒にご協力いただきますよう、お願いいたします。
■ 館内をご移動の際にはマスクの着用をお願いいたします。
■ 客室に戻られましたら、手洗い・うがいをおすすめいたします。
■ ブッフェレストランにおいて、お料理をお取りになる際は、使い捨ての手袋をご利用いただきますよう、お願いいたします。
■ 体温が37.5度以上のお客様はご入館をお断りする場合がございますので、予めご了承ください。
※37.5度の基準は行政の指導によるものです。
■ 発熱等体調がすぐれない場合はお近くのスタッフまでお申し出ください。

~ご挨拶に代えて~

日本人の“心のふるさとに”おかえりなさいませ

このたびは、湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿 揚羽~AGEHA~
のホームページをご覧いただき、まことにありがとうございます。
コンセプトは“古き良き時代への時感(じかん)旅行”
“下野国(しもつけのくに)”日光~古都を偲ばせる“究極の武家屋敷”
壇ノ浦の戦い~あれから834年節“令和元年”リニューアルオープン致しました。
その昔、武家屋敷(住居)として使用されていた時感(じかん)の
特色を最大限に活かしながら、最新の設備を整えたお部屋と、
囲炉裏の間や昔ながらの調度品の数々が風情を演出。
“古き良き”【日本の社寺・伝統建築】を大切にしつつ、快適な空間を追求致しました。
目の前に広がる湯西川渓谷を眺めながらゆっくりと四季折々の風景をお楽しみ頂けます。
旅館なのにそこまでしなくてもいいのに、と思うかもしれませんが。。。
唯一の趣味なので。。。普通なら改装のコストを少しでも削りたいとこですが、
長年の夢である“古民家を丁寧に移築復元”してしまい、建築コストはかかってしまいました。。。
下野国(しもつけのくに)特有の古民家が大好きなわがままな宿屋でございます。
ここ湯西川温泉はけっして恵まれた環境ではありません。
揚羽には、ほのかに硫黄の香り漂う泉質の本物の源泉(毎分319リットル)
が湧いています。鬼怒川温泉の更に奥、標高:742.719m.にある関東最後の
“秘境・秘湯”として都心から、2時間程度で行ける、「平家塚」や「平家杉」など、
数々の平家の落人伝説の史跡と、開湯400年の歴史が残されております。
「プロが選ぶ旅館100選」「5つ星の宿」受賞など根拠のない名ばかりの高額な旅館ではございません。
だからこそ高級なサービスはできませんが“格安”でご利用頂き、揚羽では多くの
お客様を迎えております。(平日・休日・休前日はお料理の内容が異なります)
揚羽では営業利益の一部を地元地域に還元し、国内のリゾート旅館・ホテル業界屈指の
最高水準の“お客様第一主義”の「原価還元率」とお客様を“おもてなし”
するスタッフの「給与還元率」システムを実現いたしました。
(享保3年)創業。桓武平氏良文流~“平姓大類氏38代”を継承し、お客様をお迎えしております。。。
『北関東売上ランキング』(50~11室部門)【第1位】を10年連続受賞中の人気宿でございます。。。
この地には四季折々の素晴らしい 山の幸、川の幸があります。
この山里の恵みを“一手間二手間”掛けて食材の味を引き出した他では味わえない
季節感溢れる“名物囲炉裏料理”や「田舎料理~かまど料理」をご堪能くださいませ。
申し訳ございませんが当館の伝統的な『武家料理』はご夕食~ご朝食ともにお子様向け
メニューではございません。他では味わえない素朴な味わいの大人様の創作郷土料理を
ご提供致します。(一般的なお料理をご所望でしたら他館様をお勧め致します)
滞在中ご不明な点はもちろん、『世界遺産』聖地・日光の歴史や湯西川温泉の風習
など何かお知りになりたいことがありましたら、遠慮なくスタッフにおたずねください。
スタッフは、ほぼ全員が栃木県日光市の出身者でございます。“秘境の老舗旅館”“癒しの宿”
「桓武平氏ゆかりの宿揚羽~AGEHA~」は湯西川温泉を愛する栃木県民が営む宿です。
揚羽は“1718年”(享保3年)江戸初期、桓武平氏(穐屋貞正)初代が創業してからの
源泉湯宿でございます。みなさまのご来館、心よりお待ち申し上げております。

~揚羽の著作権についてCopyright~

「湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿 揚羽 ~AGEHA~」
公式ホームページ(agehanoyado.jp)に掲載している個々の情報
(文章、写真、イラスト、データソース)は、著作権の対象となっています。
このたびは、リニューアルオープンに伴い、知る人ぞ知る日光東照宮“匠”の
宮大工により新しい命を吹き込みました・・・“時代長屋”を再現した建物の内部・・・
館内のいたる場所に1,000点もの骨董品を展示しております・・・ご宿泊者様以外の
館内の入館及び撮影を禁止しております。(当館はパンフレットも廃止しております)

ホームページ全体も編集著作物として著作権の対象となっており、
ともに著作権法により保護されています。「私的使用のための複製」や「引用」など
著作権法上認められた場合を除き、無断で複製・転用(譲渡、貸与、改変、
公衆送信等を含みます)を、その権利者の許可なく行うことを禁止します。
ホームページ内にある画像・記事の一部は、宿や美術館など、他の「団体」「施設」「機関」
「個人」に属するものが含まれていますが、各著作権者に許可をいただいております。
上記の情報を用いて行う一切の行為について、いかなるトラブルへの責任も負いません。

『絶対にはずせない旅』をお約束。
湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿 揚羽~AGEHA~お知らせ





湯西川温泉 桓武平氏 大類武士団歴史書
コンセプトは“古き良き時代への時感(じかん)旅行”
“下野国(しもつけのくに)究極の武家屋敷”
壇ノ浦の戦い あれから834年節
令和元年6月1日平家大祭日リニューアルオープン!!
当館の主の姓 おおるいかんてんのうの流れをくむ
平安末期から戦国時代にかけて活躍したさししちとうの一族
かんへい おおるいだんまつえいでございます
湯西川温泉|桓武平氏 大類武士団歴史書
湯西川温泉|湯西川温泉 桓武平氏 大類武士団歴史書
私共桓武平氏大類武士団の末裔が、湯西川温泉で宿を営むようになったいきさつは、戦乱が続く戦国時代、
大類武士団も城主の施策の違いから敵、味方に分かれて戦わなければなりませんでした。
追われる身になった大類武士団の分派は沼田城から利根川の支流である方品川に分け入り遥か彼方、修験
の霊山日光山を目指しました。
 群馬県と栃木県を境とする金精峠を越え、湯元(現在の湯元温泉)に出るとそこには勝道上人が見つけ
たと伝えられている、昏々と湧き出す源泉がありました。ここで大類武士団の分派は先を目指す者、ここ
を永住の地にしようとする者と二手に分かれることになりました。現在もここ湯元温泉に大類武士団の末
裔が暮らしています。先を目指した武士団は、奈良時代 勝道上人が修験の霊山とした男体山に至り、
華厳の滝から大谷川最大の難所 含満が淵を越え神橋にたどり着きました。更に大谷川から鬼怒川に分け入
り山奥を目指し、たどり着いた所が現在の湯西川温泉です。
 私共桓武平氏大類一族はここで暮らすことになり、江戸時代に入ると桓武平氏 穐屋貞正(揚羽創業者)
が宿を営み始め今に至っております。
私共桓武平氏大類武士団の末裔が、湯西川温泉で宿を営むようになったいきさつは、戦乱が続く戦国時代、大類武士団も城主の施策の違いから敵、味方に分かれて戦わなければなりませんでした。
追われる身になった大類武士団の分派は沼田城から利根川の支流である方品川に分け入り遥か彼方、修験の霊山 日光山を目指しました。
 群馬県と栃木県を境とする金精峠を越え、湯元(現在の湯元温泉)に出るとそこには勝道上人が見つけたと伝えられている、昏々と湧き出す源泉がありました。ここで大類武士団の分派は先を目指す者、ここを永住の地にしようとする者と二手に分かれることになりました。現在もここ湯元温泉に大類武士団の末裔が暮らしています。先を目指した武士団は、奈良時代 勝道上人が修験の霊山とした男体山に至り、華厳の滝から大谷川最大の難所 含満が淵を越え神橋にたどり着きました。更に大谷川から鬼怒川に分け入り山奥を目指し、たどり着いた所が現在の湯西川温泉です。
 私共桓武平氏大類一族はここで暮らすことになり、江戸時代に入ると桓武平氏 穐屋貞正(揚羽創業者)が宿を営み始め今に至っております。

『絶対にはずせない旅』をお約束。
湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿 揚羽~AGEHA~

湯西川温泉|揚羽~AGEHA~ お部屋
お部屋
湯西川温泉|揚羽~AGEHA~ お風呂
お風呂
湯西川温泉|揚羽~AGEHA~ お料理
お料理
湯西川温泉|揚羽~AGEHA~ 施設案内
施設案内
湯西川温泉|揚羽~AGEHA~ 交通案内
交通案内
湯西川温泉|揚羽~AGEHA~ 歴史の宿
歴史の宿
湯西川温泉|揚羽~AGEHA~ 周辺観光
周辺観光
湯西川温泉|揚羽~AGEHA~ プランからご予約
プランからご予約