お正月メニュー、春子鯛紅白なます。
正月はおめでたい。
おめでたいといえば鯛。
桜色で美味しい「春子鯛」の読み方、わかりますか?
正解は……
「春子鯛」と書いて「かすごだい」と読みます。
春子鯛は鯛の稚魚のこと。桜の花びらのような色合いで手のひらサイズ。
なので「桜鯛」とも呼ばれています。
昔から江戸前寿司のネタなどで人気があります。
良い出汁が出るのでお吸い物もお勧め。
成長した鯛とは違った味わいの春子鯛は貴重な逸品です。

そして紅白なます。
平安時代から続く、平和を願う縁起物のお料理なのです。
なますは糖分と酢が一緒にとれるため年末の大掃除等の疲労回復効果が期待できる一品です。
紅と白のお祝いの水引を、人参と大根で表現したものが紅白なますです。
平和を願う縁起物のお料理です。
もうね、これは個人的に大好きすぎて日常的に食べています(笑)
いくらでも永遠に食べれる気がする・・・

基本的にさっぱりした料理が好きなんですよね。
酢の物とかできれば毎日食べたい・・・
皆様の御来館、心よりお待ちしております。
湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿 揚羽
女将