※今日は私の食いしん坊ブログです。旅館や湯西川温泉とは関係ない記事になっておりますので興味のない方はスルーしてください。
いつもお世話になっている日本料理みつわさん。
そろそろ松茸シーズンも終盤を迎えるということで、
「最高に美味しい松茸ご飯を用意しますよ」
とおっしゃってくださり・・・
何が出てくるのかワクワクしていたら、なんと!
松茸とカラスミご飯でした!!
松茸は焼き松茸。カラスミの塩味で食していきます。
カラスミは自家製で塩気もそれほど強くないので、松茸とも喧嘩しないんですよ。
こんな食べ方初めてで衝撃的でした!
「日本三大珍味」と呼ばれるカラスミ。
ボラの卵巣を塩漬けにし、圧搾・乾燥した食品です。
形が中国から渡来した墨「唐墨(からすみ)」に似ていたことから命名されました。
昔は冷蔵技術がなく、常温保存されていたため、時間が経つと色が黒くなり、形だけではなく色も唐墨に似ていたといわれています。
一説には、備前名護屋城にいた豊臣秀吉に土地の代官がこの食品を献上した際、その名を尋ねられ、とっさに「唐墨です」と答えたため、「カラスミ」という名になったとも言われています。
ちなみに日本三大珍味は、唐墨(からすみ)、海鼠腸(このわた)、海胆(うに)と言われています。
どれも外れなく美味しいですよね。
この日もみつわさんを堪能させていただきました♪

今日11月19日(金)の夕方から宵にかけて、月の大部分が隠れる「ほぼ皆既食の部分月食」が日本全国で起こります。
18時ちょっと前くらいからみんなで空を眺めましょう。
皆様の御来館、心よりお待ちしております。
湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿 揚羽
女将