当館の駐車場のイチョウの木が絶好調!
黄色ってこの色です!と主張しているかのような黄色です(笑)
イチョウ(銀杏)の花言葉は「荘厳」、「長寿」、「鎮魂」。
なんか納得ですよね。
黄色に染まったイチョウは圧巻ですよね。ダイナミックで荘厳という言葉がぴったり♪
ちなみに私、ギンナンが大好物!
私の地元青森では茶碗蒸しの中はギンナンではなく、栗が入るのですが、個人的には栗よりギンナンを入れて欲しいと切実に思っていたりなんかして(笑)
大人になってからわかる苦味の旨み。
ところでイチョウとギンナンて同じ感じなんですよね。
銀杏。
不思議!
元々は、中国語の銀杏(ぎんなん)、杏(アンズ)の実を小さくした銀の様に白い実という事から名づけられたので銀杏(ぎんなん)の木と銀杏(ぎんなん)実と呼ばれていたそうです。
でも中国ではイチョウを「鴨脚ヤーチャオ」と言った時があって日本ではヤーチャオ → イチョウと変化したそうですよ。
いまだにその名残で木だけはイチョウと呼んで実は昔から呼ばれていたギンナンのままなのだとか。
ということは、イチョウ=銀杏は当て字なのでしょうか?
謎が残ります(笑)

朝晩の寒暖差が激しいですね。
日中、お日様がでている時はあったかいのですが、夕方になるとグッと気温が下がって驚きます。
特に女性は寒暖差で体調を崩しやすいので気を付けましょう!
皆様の御来館、心よりお待ちしております。

湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿 揚羽
女将