山に霧がかかっておりました。
霧といえば、映画を真っ先に連想し恐怖の対象という印象が強いですよね。
霧に包まれると何らかのスピリチュアルなメッセージが込められているとも言います。
まあ、山は標高が高いので霧に包まれるのは単なる自然現象ですけれど(笑)
それでも霧が晴れるとなんだかスッと心が軽くなります。
視界がパッと開けたような、心の重みが取れたような。。。
ではなぜ霧が発生するのでしょうか?
水分を多く含んでいた空気が冷やされると、水蒸気を維持できなくなって水滴となり、それが空気中に浮かぶと、霧となります。
そのため、霧はとくにゴルフ場やスキー場など、気温が変わりやすい山間部で発生しやすいです。
こう考えると・・・
スピリチュアルな雰囲気はどこかに吹っ飛んでしまいますね(笑)
皆様の心には霧がかかっていませんか?
もしかかっているようなら、その霧を湯西川温泉で晴らしてみませんか?
心の霧は標高の高い場所で美味しい空気を吸って、温泉に入って、美味しいものを食べて、綺麗な景色を見ると自然と晴れていくんですよ。
実際の霧は目に見えやすいですが、心の霧は知らない間に濃くなってしまいます・・・

皆様の御来館、こころよりお待ちしております。
湯西川温泉 j桓武平氏ゆかりの宿 揚羽
女将